ホーム » バストアップについて » バストアップ手術の痛みはどれほどなのでしょう

スポンサードリンク

バストアップ手術の痛みはどれほどなのでしょう

バストアップの美容整形に関心あるものの、
手術の際の痛みはどれほどのものなのか、
気になっている方も多いことでしょう。


手術自体の経験がない方でしたら、
少々怖い気もしますね。


それでは、手術の際の痛みは耐えられる
ほどの痛みなのでしょうか。


もちろん、とても痛い思いをしてまで、
バストアップをしたいとは思わない方もいるでしょう。


まず、どのような豊胸手術をするかに
よって、生じる痛みも違ってきます。


入院を必要とせず、その日のうちに
帰宅できる手術もありますし、ある程度の
期間、入院が必要な手術もあります。


このように、全てのバストアップ手術が
痛いというわけではないのです。


たとえば、大胸筋下法の手術の場合、手術後は、
しばらく筋肉痛のような痛みが続きます。


ですから、その間、痛み止めの薬を
飲まなければならず、安静にして
いなければなりません。
仕事も家事もお休みです。


でも、乳腺下法や脂肪注入法は、
比較的痛みは少なく、次の日から、
仕事もできるほどの軽い手術になります。


このように、手術の方法により痛みも違い、
回復期間も異なりますので、仕事や家事などを
考えて方法を選ばないといけませんね。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top