ホーム » バストアップについて » 豊胸手術後の痛みはそれなりにあります

スポンサードリンク

豊胸手術後の痛みはそれなりにあります

豊胸手術は、体内に異物を入れるの
ですから、当然どんな方法においても
体に負担をかけることになります。


具体的には、人の体は異物が侵入すると、
拒絶反応を起こすようになっています。


たとえば、お腹の中に赤ちゃんが宿ったときも、
つわりという形で体が反応しているのです。


この異物に対する拒絶反応は、
もともと人体に備えられた力です。


豊胸手術後、手術の部分がむくんだり、
はれたりすることがありますが、
これは炎症を起こしているのです


しかし、炎症は1ヶ月ほどでおさまって
くるようです。


たとえば、わきを切り開いてバッグを
入れる手術では、しばらくの間、
その部分につっぱっり感が続きます。


また、バッグを胸に入れる大胸筋下法
という手術では、術後にかなりの痛みが
あるということです。


脇や胸が痛み、腕を動かしたり、横になったり、
寝起きの際にも痛かったりと、常時、薬が必要です。


これも炎症を起こし、腫れているのですが、
1ヶ月ほどで自然とおさまります。


脂肪注入法という手術では、痛みが治まるのが
もう少し早く、2週間で炎症も治まります。


このように、豊胸手術でも体に異物を入れる
わけですから、それなりに痛みも当然あるのです。


美容整形はあまり痛みがないイメージが
あるかも知れませんが、体を切ったり、
開いたり、入れたりと、大きな負担が
あることを、きちんと理解しておくべきです。


手術後の生活も、しばらく仕事もできませんから、
事前にきちんと計画をたてておく必要があります。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top