ホーム » バストアップについて » 豊胸手術後の問題やトラブルについて

スポンサードリンク

豊胸手術後の問題やトラブルについて

前回に引き続き、豊胸手術後の
痛みについてお話します。


豊胸手術後に、胸や乳首にしびれを
感じることがあります。


でも、整形外科の手術は、神経に
触れないように手術をしていますから、


もし、しびれが出てしまったときは、
なくなるまで、後遺症として数ヶ月~長くて
1年くらい、残るケースもあると聞きます。


これは、時間の経過と共に治るので、
それほどの心配もないと言われて
いますが、気になるようでしたら
担当医に相談するといいでしょう。


また、豊胸手術後、炎症くらいなら
まだいいのですが、感染症を起こしたり、
血腫ができたりするケースもあるのです。


切開手術をしたときに、まれに血液の塊が
その部分にたまり、血腫が起こるのです。


バストアップ手術だけに限ったこと
ではなく、切開手術の場合はまれに
なるケースがあるようです。


そして、バックを胸に入れた際、
その傷口から感染するケースがあります。


この場合は、残念ですが、また手術をして
バックを入れなおさなければなりません。


今までお話してきたように、バストアップの
喜びばかりでなく、手術後の体に出てくる
いろいろな不具合についても、豊胸手術の
短所として知っておかなくてはいけないのです。


それに、希望の乳房になっていないという
問題が持ち上がるケースもあります。


自分が理想としていた乳房とは
あまりにも違う場合は、病院側との
トラブルになることも考えられます。


ただ、実際にこういったトラブルが
あるのもまた事実なのです。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top