ホーム

スポンサードリンク

豊胸手術後のことまでよく考えないといけません

バストアップの手術は、人生においておそらく
1度であろう一大事なことですが、その結果が
よくないということも有り得るわけです。


たとえば、願っていた乳房の形と違っていたり、
触った感触が不自然だったり、手術の傷が
思いのほか残ったり、など様々なケースがあるのです。


これらのトラブルを極力避けるためには、
病院と事前によく相談することが必須となります。


手術の前に、手術後は希望通りになるのか、
多少違ってくるのか、など気になることは
納得の行くまで話を聞くことが大切です。


それに、傷口がどのくらい残るのかも、
実証例を見せてもらってください。


自分の体にメスを入れるということを
考えると、慎重し過ぎることはありません。


とかく、バストアップや費用に考えが行きがちですが、
手術後のアフターケアもとても大事なのです。


ですから、病院を選ぶ際にも、アフターケアが
充実しているかという点を必ず考慮してください。


万一のことを考えて、どのようにケアして
くれるのかを、病院側にきちんと尋ねておきましょう。


手術でバストアップすることは、人生を
変えてしまう素晴らしい機会になりえる反面、


手術が失敗して、心身の面も金銭面でも
大きな損害をこうむることも有り得るのです。

豊胸手術後の問題やトラブルについて

前回に引き続き、豊胸手術後の
痛みについてお話します。


豊胸手術後に、胸や乳首にしびれを
感じることがあります。


でも、整形外科の手術は、神経に
触れないように手術をしていますから、


もし、しびれが出てしまったときは、
なくなるまで、後遺症として数ヶ月~長くて
1年くらい、残るケースもあると聞きます。


これは、時間の経過と共に治るので、
それほどの心配もないと言われて
いますが、気になるようでしたら
担当医に相談するといいでしょう。


また、豊胸手術後、炎症くらいなら
まだいいのですが、感染症を起こしたり、
血腫ができたりするケースもあるのです。


切開手術をしたときに、まれに血液の塊が
その部分にたまり、血腫が起こるのです。


バストアップ手術だけに限ったこと
ではなく、切開手術の場合はまれに
なるケースがあるようです。


そして、バックを胸に入れた際、
その傷口から感染するケースがあります。


この場合は、残念ですが、また手術をして
バックを入れなおさなければなりません。


今までお話してきたように、バストアップの
喜びばかりでなく、手術後の体に出てくる
いろいろな不具合についても、豊胸手術の
短所として知っておかなくてはいけないのです。


それに、希望の乳房になっていないという
問題が持ち上がるケースもあります。


自分が理想としていた乳房とは
あまりにも違う場合は、病院側との
トラブルになることも考えられます。


ただ、実際にこういったトラブルが
あるのもまた事実なのです。

豊胸手術後の痛みはそれなりにあります

豊胸手術は、体内に異物を入れるの
ですから、当然どんな方法においても
体に負担をかけることになります。


具体的には、人の体は異物が侵入すると、
拒絶反応を起こすようになっています。


たとえば、お腹の中に赤ちゃんが宿ったときも、
つわりという形で体が反応しているのです。


この異物に対する拒絶反応は、
もともと人体に備えられた力です。


豊胸手術後、手術の部分がむくんだり、
はれたりすることがありますが、
これは炎症を起こしているのです


しかし、炎症は1ヶ月ほどでおさまって
くるようです。


たとえば、わきを切り開いてバッグを
入れる手術では、しばらくの間、
その部分につっぱっり感が続きます。


また、バッグを胸に入れる大胸筋下法
という手術では、術後にかなりの痛みが
あるということです。


脇や胸が痛み、腕を動かしたり、横になったり、
寝起きの際にも痛かったりと、常時、薬が必要です。


これも炎症を起こし、腫れているのですが、
1ヶ月ほどで自然とおさまります。


脂肪注入法という手術では、痛みが治まるのが
もう少し早く、2週間で炎症も治まります。


このように、豊胸手術でも体に異物を入れる
わけですから、それなりに痛みも当然あるのです。


美容整形はあまり痛みがないイメージが
あるかも知れませんが、体を切ったり、
開いたり、入れたりと、大きな負担が
あることを、きちんと理解しておくべきです。


手術後の生活も、しばらく仕事もできませんから、
事前にきちんと計画をたてておく必要があります。

Return to page top