ホーム

スポンサードリンク

美容整形でバストアップはどうでしょう

バストアップの方法は、ストレッチや筋トレをしたり、
食事に気をつけたり、サプリメントを飲んだりと様々ですね。


ただ、この全てを行っても、なかなか効果の
あらわれない方もいらっしゃるでしょう。


そのようなときは、美容整形というのもひとつの選択肢です。
昨今は、日本でもこのような手術が多く行われていています。


ただ、あまり豊胸手術をしたというのを聞かないのは、
その多くの人が人に知られず行っているからでしょうね。


では、実際のところバストアップの手術とは
どのようなことをするのでしょう。


まず、一般的にバストを大きくするために、
胸にシリコンを注入する方法が多くとられています。
これは、比較的簡単な美容整形になります。


そのほかに、胸に豊胸バッグというものを入れる方法もあります。
ただ、この方法は「カプセル拘縮(こうしゅく)」と呼ばれている
問題があります。


人間の体は、異物が入ると、その異物を包み込もうとし、
膜を作り出す働きをするのですが、これがカプセル抱縮です。


これは胸が硬くなってしまう原因にもなるので、
カプセル拘縮を防ぐためには、手術後の
マッサージが不可欠となります。

バストアップに有効なストレッチです

バストアップは補正下着などでも
一時的にはできますが、やはり
根本的にバストアップしたいですよね。


そのような方は、胸の土台になる
大胸筋を鍛えることをお勧めします。


大胸筋を使ったストレッチがあるので、
バストアップしたい方は毎日続けて
やってみてはどうでしょうか。


それに、激しい運動ではないので
無理なくできますし、体のゆがみも
治してくれるのです。


体のゆがみが改善されると、
バストアップにも影響してくる
ことはご存知ですか。


また、血液の循環や身体全体の
代謝も良くなり、良いことづくめです。


2つほどご紹介しますが、どちらも簡単に
できるものばかりですから、くつろいでいる
ときなどまめに行うようにしてみてください。


まずは、立ったままで簡単にできる
バストアップストレッチをご紹介します。


足を肩幅に開いて立ち、背中で
両手の指を組み合わせてください。
その状態のまま、手の平を後方に
向かって、腕も後方に伸ばしていきます。


そうすると、胸が張りますので、
そのまま、10数えてください。
その際、伸ばしながら息を
ゆっくり吐き続けるのです。


いかかでしょう、普段、使わない
筋肉を適度に刺激してくれます。


これは、場所を問わずできますので、
気分転換にでも気がついたときに
やるよう心がけてください。


次は、よつんばいのストレッチです。
よつんばいのままで、両手を床に伸ばし、


胸を床に近づける感じでお尻を後ろに
突き出し、体をしならせ、その姿勢で
やはり10数えてください。


もちろん腰や肩など調子が悪い
ときは無理にする必要はありません。
ストレッチは気持ちよい程度にするのが
理想的なのです。

機能性ブラジャーはどうでしょう

女性たちの間で、バストをアップさせる
機能性ブラジャーの人気が高いですね。


ボディーラインを整え、バストアップの効果もある下着は、
補正下着同様、その分値段も高くなりますね。


中には、安い下着ばかりを身に着けていると、
ボディーラインが崩れるという人もいるようですが、
果たしてそうでしょうか。


バストをアップさせるブラジャーを身に着けて
いると、実際に胸が大きくなるのか、
使い続けてみないとわからないですね。


もちろん、洋服の上から見たら、確かに
バストアップして見えます。それに、
ふくよかな人は、胸の周囲の肉も寄せてカップに
入れるので、その分、胸が大きくなりますね。


でも、実際何万円もする下着にかけることは
経済的にも大変です。そのようなときは、
通販のカタログで探したり、ネットショップで
探したりしてみてはどうでしょう。


たくさんの種類の機能性ブラジャーが
目に付くかと思います。


たとえば、脇の贅肉を目立たなくするブラジャーとか、
胸を持ち上げて高く見せてくれるブラジャーとか、
中には補正下着より安いものもあるようですね。

Return to page top