ホーム

スポンサードリンク

大胸筋を鍛える簡単なエクササイズ

前回の続きで、バストアップのための
大胸筋を鍛えるエクササイズのご紹介です。


まず、「いただきます」の姿勢のように、
胸の高さで手を合わせ、脇を開いてください。


このとき、肩と肘、そして手が水平に
なるようにするのがポイントです。


肘を伸ばすのですが、手を合わせて
いるので、きつくて伸ばしきれませんね。


そのきついなと感じるところで10秒
数えるのです。


そのまま、ゆっくりと10秒ほど数え、
これを何セットも繰り返していきます。


一度にたくさんするよりも、細切れの時間を利用して
コツコツ行っていくほうが長続きするでしょう。


とても簡単な運動ですが、バストアップのための
筋トレとして、よく知られている方法です。


また、大胸筋を鍛えるエクササイズでは、
腕立て伏せも効果的です。


いきなり腕立て伏せができなかったら、
膝を突いた状態で行っても大丈夫です。


最初は1回でも始めてみて、回数を一回ずつ
増やしていったら、無理せず増やしていけますし、
長く続けやすいでしょう。


こうしていくと、回数も増え、膝も付かずに
腕立てができるようになります。


余談ですが、腕立てはバストアップだけでなく
肩こりにもいいし、意外に腹筋もぷるぷるしてくるので、
お腹を引っ込めるにも効果があるかも知れませんね。

バストアップのために一番大切なことは?

バストアップの方法として、サプリメントを
飲んだり、機能ブラジャーを使ったり、
マッサージをしたりといろいろありますが、
ひとつ忘れやすいことがあるのです。


それは、筋肉です。
豊かな胸のためには、大胸筋も
一緒に鍛えていきましょう。


ところで、大胸筋はどの部分の
筋肉かご存知ですか?


大胸筋は、乳房の重みを支えている部分で、
バストの土台といわれる大切な筋肉です。


この大胸筋は年齢を重なるごとに衰えてしまい
ますが、こうなるとバストはどうなるのでしょう。


土台が弱くなるわけですから、とうぜんバストも
張りがなくなって、垂れてきて、形も崩れていきます。


さらには、大胸筋が衰えることによって、
二の腕やウエストも緩んでくるのです。
これは、大胸筋が上腕二頭筋や腹筋と
つながっているためです。


ですから、逆に、大胸筋を鍛えることで、
二の腕やウエストも引き締まるという
うれしい効果があるのです。


このように大胸筋を鍛えることで、多くの
部分も引き締まってくれるのですね。


では、バストアップと共に、二の腕や
ウエストの引き締めにもなるエクササイズを
次のページでご紹介します。


といっても、とても簡単な方法です。
腕を動かすだけの運動で、場所を選ばず
どこでもできますので、是非参考にしてください。

バストアップマッサージでまめにケアを

授乳期後のバストアップマッサージの続きです。


敏感なところですから、バストマッサージ
する際は、力を入れすぎないように気を
つけてください。


たとえば、ツボ押しのように
力を入れてはいけないのです。


ともかく、優しく、優しく、
くるくるとマッサージします。


こうすることによって、バストの輪郭が
はっきりし、メリハリがついてきます。


次に、バストの真ん中から、脇へ向かって、
指を使ってのマッサージです。


そのとき、親指は使わないで、残りの4本の
指を揃えて、真ん中から、脇へ流れを
描くようにマッサージしていきます。


両手で両方のバストをマッサージしても、
片方ずつでもどちらでもOKです。


こうすることによって、血の流れが
よくなり、老廃物も流れていくのです。


それから、首や顔のケアの際に使う
リフトアップの方法で、バストアップも
マッサージします。


バストを下から上に、すくい上げるように、
両手を使って交互に持ち上げてください。

また、バスト周りの余分なお肉を、
バストに持ってくるマッサージもあります。


両手を脇に置いてから、脇腹や背中の
お肉を胸の方向にマッサージしていくのです。


バストまで持ってきたら、最後に
手の平で胸の下を包みこむようにします。
入浴中など、リラックスして行ってください。

Return to page top