ホーム

スポンサードリンク

ブラジャーを試着したときのポイントをおさえてください

バストアップにブラジャーはとても重要である
と今まで、お伝えして来ましたが、ここでは
具体的にブラジャーを試着したときの
チェックポイントをお伝えします。


まず、着用してみて、ブラのカップと胸との間に、
すき間がないか確認してください。


ここが空いてしまうときは、サイズが大きい
ようですから、ワンサイズ小さいサイズも試して、
自分の体にフィットするものを探してください。


一方、胸がカップからはみ出てしまうときは、
ブラジャーが小さいようですので、
ワンサイズ大きいもので試されてください。


とりわけ、サイズの小さいブラジャーは
大切なバストを締め付けることになりますから、
バストアップにもよい影響はありません。


また、ブラジャーのアンダー部分が、
水平にまっすぐ背中まで伸びていること、
双方のカップを結んでいる部分が
体にしっかりフィットしているか確認してください。


この場合、ブラのアンダーがお肉に
食い込んだりしていてはもってのほかです。


また、逆にわきに相当ゆるみがある場合も
サイズがあっていないということですね。


締め付けはバストアップに当然良くありませんし、
血液循環までも悪くしてしまうので気をつけてください。


そして、体にしっくりいかないなと感じたなら、
体を左右に動かしてみてください。
ブラがずれてしまうようなら、やはり
バストに合っていないようです。


そのほかに、後ろのホックの位置が肩甲骨の下に
きちんときているかのチェックも大切です。

洋服もそうですが、ブラの場合も
必ず後ろ姿のチェックをすることが不可欠です。

ブラジャー購入時、試着していますか?

では、具体的にブラジャーを選ぶ時の
ポイントをお伝えします。


前頁で、メーカーによってブラジャーのサイズが
微妙に違うとお話しましたが、ブラジャーの
デザインによってもまた、違ってくるのです。


たとえば、バストを覆うのが3分の2ほどのブラジャーや
バストを全部覆うブラジャー、またはハーフのものと、
様々なデザインのものが出ていますね。


このデザインによっても、サイズが若干変わります。


また、寄せて上げるブラジャーや脇をすっきり見せる
ブラジャーなどの機能ブラジャーにもやはり、
わずかながらサイズの違いが出てきます。


ですので、今まで自分で測って決めていたサイズも、
ブラジャーを購入するときは目安程度にしか
ならないと思っていたほうがいいのです。


でも、ほとんどの方が自分のサイズはこれと
決めていて、それ以外のサイズのものを
購入することはまずないでしょう。


たとえば80Bであったら、どのメーカーの80Bも
どのデザインの80Bも全てぴったりと
フィットするということはないでしょうね。


でも、サイズが正しくないままブラジャーを
着けていると、当然バストアップにもよくないわけです。
ですから、ブラジャーも試着することが望ましいのです。


以前でしたら、ブラジャーの試着などせず、サイズを
見ただけで購入されていた方も多いかと思います。


でも、下着専門店でもフィットルームは必ず
ありますから、遠慮なく試着を申し出たらと思います。


もちろん、定員さんは下着のプロですから、
いろいろ相談されてもいいですね。


そのためにも、自分の体型や好みをよく知っていてくれる
行きつけのお店を見つけておくことも大切です。


それだけ、正しいブラジャーを身につけることによって
得られる効果は捨てがたいものがあるのです。

ブラジャーはバストアップにも重要なのです

女性の方には必需品のブラジャーですが、
毎日身につけるもの、それなりにこだわりを
持って選びたいですね。


見た目の可愛さやセクシーさなどのデザインですか?
なんといっても着け心地と、素材に気を配りますか?


人それぞれですが、1年中毎日身につけるものですから、
それ相当の気配りを持って選ばないといけません。


それに、ブラジャーはバストアップにも深い関係があるのです。
人によってはバストアップのために、日中だけではなく、
夜休むときもブラジャーをつけている方もいます。


まさしく、ブラジャーとの関係は365日24時間
切っても切れない仲なのです。

では、これほど大事なブラジャーを正しく選んでいますか?
もしかしたら、毎日、習慣的にブラジャーを
身につけていませんか?
正しい着け方をしていますか?


実は、ブラジャーにも、きちんとした着け方があるのです。
バストアップにとても大切なことなので、
ここでブラジャーの正しい着用方法をご説明します。


まず、自分のバストに合ったブラジャーを選ぶことが大切です。
サイズはトップとアンダーバストを計ればわかりますが、
メーカーによって多少サイズが異なる場合があるのです。


たとえば、あるメーカーの24センチと、ほかのメーカーの
24センチは少し違うということがありますね。


このようにメーカーによって、サイズが微妙に違う場合が
ありますので、自分が愛用しているメーカーの特徴を
よく知っておかないといけません。


もちろん、試着できるのであれば、そのようにするのがベストです。

Return to page top